読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年

2017年になりました.

今年もよろしくお願いします.

 

今年は色々と勉強すべきことがあるので1つ1つ勉強していきたい.

1月は卒論関係があるのでバタバタするだろうけど,それでも時間を作っていきたい.

とりあえず自分の論文の修正もあるからやることは多いな.

さすがに三が日はゆっくりするけど,4日から普通に仕事に戻るかな.

 

明日と明後日はいつも行く居酒屋に挨拶回りかな笑

新年から体調崩さないようにだけ気をつけねば.

 

卒論添削

昨日が研究室の卒論初稿提出の締め切り日.

だいぶ前に2人ほど出してくれていたが,バタバタしていて見れていなかった.

一昨日と昨日で1人分の添削を終わらせて学生に送付.

返却はしたけど,ちゃんと年末年始は休んでください,と添えておいた.

そこまでやらないとできないほどドタバタはしていないスケジュールに設定してる.

 

残り8本の卒論があるのだけど,今日と明日でもう1本見るくらいかな.

ちゃんと見ようとすると,やっぱり1本あたり2日程度はかかってしまう.

さすがに31日-3日は作業せずにゆっくりしようと思うので,次のゼミまで残り8日ほど.

ってことは,7本中4本くらいしか終わらないかもしれないのか...

3日で2本のペースでできれば,残り1本程度まではいけるか.

ま,31日から3日も少しくらいは作業しないといけないって感じかな笑

 

来年は7人しか卒論生がいない上に新しい助教も来てくれるから,だいぶ楽そう.

その翌年はたぶん10人超えるだろうし,とてつもなく大変そうだが...

これ1月後半とかを初稿提出させている研究室とか絶対にちゃんと添削できないんだろうな...

完璧な文章や構成で出て来れば別なんだろうけど.

 

卒論初稿提出直前

毎日更新しようかと思ってもなかなか続かない.

特に更新する内容があるわけじゃないからってのもあるけど.

 

明日で今年は仕事納め.といっても,家では仕事するけど.

27日から1月9日まで学園が休みなので長い.

卒論のチェックしていたらあっという間に年末年始終わるんだろうな...

うちの研究室は12月末には初稿を提出してもらっているのでかなり早め.

卒論生が3,4人しかいないのなら1月中旬に提出してもらっても余裕だろうけど,

9人もいるのと,文章書きなれてないだろうから年内提出じゃないと厳しいんだよね...

 

3年生の研究テーマもそろそろ決めていかないといけないのだけど,

本人たちにやりたいことがあるかどうかよくわからないので難しいなぁ,と.

こういうテーマで卒論書きたいというのをもって研究室に入ってきてもらえると非常に楽だが,

なかなかそういうわけにもいかないのでテーマ選定は慎重になる.

 

研究室選択には成績のみが用いられてこちらの意向は一切反映されないから,

学生側からしたら研究室に面談にいくということは意味はないのだけど,

できれば事前に来てもらって,どういう研究ができるか知ってもらってから選択してほしいね.

もちろん具体的なテーマは入ってから色々と考えればいいのだけど.

プロジェクト実験とかしているうちにやりたいことが変わることはあるだろうし.

 

それにしても学科の大学院進学者が年々減ってきている...

来年度に研究室配属される3年生は積極的に勧誘していこうかなぁ.

今の3年生にしても,研究室変えてうちに進学したい学生も大歓迎なんだが.

広島出張初日

現在,広島大学で開催されているコンピュテーション研究会に参加中.

今回は情報セキュリティ研究会のISECと合同で開催.

普段聞けない話も聞けて非常に勉強になる.

量子コンピュータに関する興味深い話も聞けて貴重な機会だった.

やっぱりこうやって研究会や国際会議に参加しないと刺激がなくてダメだね.

14時半からのセッションの座長なので,ちゃんと仕事します笑

 

今日の朝はせっかくなのでホテルから広島大学まで4kmくらい散歩.

途中に特に何かあったわけではないけど運動不足の解消にはなったかな笑

広島大学は総合大学だけあって,さすがに広い.

修士2年のときに広島大学にきたので,それ以来10年ぶり?

当時はまだ工学部の一部が移動してきたくらいなので町も発展してなかったけど,

今は学生用のマンションもいっぱい建ってるし,だいぶ発展したなぁ,と.

 

ちなみに,西条は日本酒の生産地で非常に有名な町で,

今日は夜に酒造見学会と懇親会が控えているので楽しみ.

大学院入試

今日は大学院入試の後期.

大学院入試は推薦,前期,後期と3回あるのだけど情報科学科だけでみると年々受験者が減少している.

来年の修士1年生は10人切るのではないだろうか?

うちの研究室は9人中3人が大学院進学希望で,2人が外部に進学,1人がうちに進学.

今年は他の研究室と比べても大学院の進学人数は多い方だった.

一期生にしては,非常に上を目指す学生が多かったのかも.

 

大学院にいかない主な理由は,主に以下の2点かな.

1:4年生でそれなりにいいところに就職できてしまう

2:周りに進学する学生が少ない

いわゆる大手に就職できているかといわれるとそこまで多くはない気もするが,

学生本人が納得するような企業には就職できているからみんな就職をするのだろう.

周りに進学する学生が少ないのはうちの大学だとそうなんだけど,

高校の友達とかも含めて少ないのだろうか?

もしそうだとするのなら確かに大学院進学は考えないのかもしれない.

周りが就職するから就職するとか,進学するから進学するというのは主体性がないのであまり褒められたことではないが.

 

別の理由としては,特に研究とかしたくはない,という理由だろうか笑

2,3年生あたりと話ししていると研究室で卒論とか書きたくない,という学生も多い.

あくまで大学には大卒という資格を得にきてるという感覚なのかも.

別にそれが悪いとは思わないけど,卒論を1本書き上げるという経験はそれなりに財産になる.

もちろん大変だし楽なことではないけど,どこかで一度頑張った経験があるということは色んな意味で重要なのでポジティブに捉えてほしい笑

 

進学率が低いのはこちらにも落ち度があるのだと思う.

1:大学院に行けば何かいいことあるの?という疑問に答えられていない

2:学部の間の教育がうまくいってなくて,さっさと出て行こうと思われている

他の理由もあるかもしれないが,この2つはある程度原因になっている気がする.

 

僕は研究室の学生が「就職に失敗して」という理由でなければ大学院進学は大歓迎.

あと,僕の研究室の学生が大学院で他の研究室に行くことも,その逆も全く問題ないと思っている.

むしろ第一志望が僕の研究室だったのに入れなかった学生は大学院では是非来てもらいたい.

それと大学院に進学するというのを早めに表明してくれると,

研究テーマとかも含め色々と考えることができるので非常にありがたいかな.

 

そんなこんなで大学院生を少しでも増やせるといいんだけど,なかなか難しい問題ですね.

怒涛の1週間

いろんな業務が重なった一週間だったけど,ようやく落ち着いた.

自分1人で仕事するなら楽なんだけど,相手の仕事を待たないといけないのが辛かった.

正直,さっと書類が出てくるところじゃないと色々と困るな,と思った.

今回の経験で自分が書類を要求される立場だったら,さっさと出そうと自戒した.

 

この土日は少しゆっくりできそう.疲労ちゃんととって来週を迎えたい.

再来週には大学院入試があって,すぐに広島に出張するからまた疲れそうだしな.

それにしても体力が落ちてきているので運動もせんとなぁ,と.

最近ジム行ってないけど会員ではあるから無駄金になってるしな...

 

師走

12月になった.

今年は卒論の第一期生なのでこの時期はちょっと気が休まらない.

ほぼ内容に目処はたっているけど,ここから文章にして発表スライドを作るのがかなり大変.

1月は卒論に赤ペンを入れて発表スライドを修正してもらってというのを何度も繰り返すのだろうな.

授業の方は後期はそれほど負担ではないけど,そろそろ来年度のシラバスも作成しないといけないので,

前期の担当講義も含めて内容や分量,成績評価方法を見直さないといけない.

それにしても急遽,補助金の申請をすることになってしまい来週木曜までギリギリのスケジュールで動かないといけない.

いくらなんでも短すぎると思うんだけど,こればっかりは仕方ない...

来週を乗り切れば,とりあえず1ヶ月ほどは補助金関連は放置できるので,少しは楽になるかな.